fbpx

オイル ポンプの基本ガイド: オイル ポンプが重要な理由と適切なオイル ポンプの選び方

オイルポンプの世界』。上部には、オイル ポンプを備えたエンジンのイラストが強調表示されています

内容

潤滑オイルポンプのガイド

オイルポンプはエンジンのスムーズな作動を確保する上で極めて重要な役割を果たします。しかし、それらが摩耗するとどうなるでしょうか?そして、ニーズに合ったものをどのように選択すればよいのでしょうか?の世界に深く飛び込んでみましょう オイルポンプ.

テーブルの概要

キーポイント 詳細
重要性 に不可欠 適切なエンジン潤滑 そして長寿。
リスク 走行距離の多いものを再利用する オイルポンプ エンジンの騒音、ベアリングの故障などを引き起こす可能性があります。
種類 遠心力、容積式、および ギアポンプ.
アップグレード 高性能エンジンには大容量ポンプまたはビレット ポンプを検討してください。
問題 油圧の低下は、磨耗したポンプや破片など、さまざまな要因によって発生する可能性があります。
交換 常に品質を選択し、古いコンポーネントの再利用は避けてください。

エンジンの状態におけるオイルポンプの役割

ほとんどの整備士は、エンジンにとって適切な油圧が重要であることを理解しています。 潤滑 そして長寿。油圧が低いと、エンジンの騒音、ベアリングの故障、高額な保証請求が発生する可能性があります。では、なぜ、走行距離の多い古い車を再利用する危険を冒すのでしょうか。 オイルポンプ エンジンのリビルド中?

古いオイルポンプの欠点

古い オイルポンプ 多くの場合、摩耗の兆候が見られ、内部クリアランスがずさんになり、出力が低下します。この摩耗により、 ポンプが通常の流量と圧力を維持する能力。さらに、使用済みのポンプの圧力解放スプリングが限界に近づいている可能性があり、故障の危険があります。スプリングの不具合により故障の原因となる場合があります。 圧力逃し弁 開いたままになり、ポンプの流量が大幅に減少します。

オイルポンプの種類・特徴・用途

ポンプの種類 特性 デメリット アプリケーション
クレセントポンプ – 特に低いエンジン速度での高いオイル供給率。 – XNUMX つの回転ホイールにより、供給ノズル付近に油圧が発生します。 – 特定のエンジン設計に限定されます。 – 高速では他のタイプほど効率的ではない可能性があります。 高い性能が要求されるエンジンに使用されます。 低速でのオイル供給.
ローター型ポンプ(ジェローター・トロコイドポンプ) ・金属ギヤを採用しているので長寿命です。 – 内歯車 (従動側) と、内歯車の周りを回転する外歯車があります。 – 製造がより複雑になり、コストがかかる可能性があります。 – ギア間の摩耗の可能性。 自動車エンジンに使用される最も一般的なタイプ。
ギア 種類 オイルポンプ – 同じサイズの XNUMX つのギアが互いに噛み合います。 – 歯と歯の間の隙間に油を運びます。 – ギア間の摩耗の可能性。 – 適切なかみ合わせを実現するには精密な製造が必要です。 そのシンプルさと効率性により、自動車エンジンに広く使用されています。
トロコイドポンプ – ローターのバリエーション タイプポンプ。 – 効率を向上させるために特殊な歯車形状を使用しています。 – 単純なギアポンプと比較して、より複雑な設計。 – 長期使用による磨耗の可能性。 オイルの流れを改善するために特定のエンジン設計で使用されます。
ベーンポンプ – ベーン(ブレード)を使用して、 ポンプオイル。 – さまざまなオイル粘度に調整できます。 – ベーンが摩耗する可能性があります。 – ギアポンプよりも高価になる可能性があります。 可変オイル流量を必要とするエンジンに使用されます。

注: この表は、 オイルポンプの種類 そしてその特徴。選ぶ際には専門家に相談することが大切です オイルポンプ 特定のアプリケーション用。

適切なオイル ポンプ ソリューションの選択: 包括的なガイド

適切なものを選択する オイルポンプは種類を理解するだけではありません 利用可能。調整することです エンジン特有のニーズに合わせたポンプの機能。ガイドとなるロードマップは次のとおりです。

1. 潤滑要件の決定

選択する前に オイルポンプエンジンの潤滑ニーズを理解することが重要です。
  • エンジンのサイズとタイプ: より大きなエンジンまたはより多くのエンジンを搭載したもの コンポーネントにはより多くの潤滑が必要になる可能性があります したがって、より大量のオイルを供給できるポンプが必要になります。
  • 操作条件: 極端な温度や条件で動作するエンジンには、さまざまなオイル粘度に対応したり、一定の圧力でオイルを供給したりできるオイル ポンプが必要になる場合があります。
  • オイル粘度: エンジンが異なれば、異なる粘度のオイルが必要になります。選択したポンプがエンジンに推奨されるオイルの粘度に適合していることを確認してください。
  • パフォーマンスのニーズ: 高性能エンジンやレーシング エンジンには特定の潤滑ニーズがあり、特殊なポンプが必要となる場合があります。

2. ポンプの種類を詳しく見る

さまざまなオイル ポンプについてよく理解してください。
  • ギアポンプ: 一般的な自動車用途。
  • ローターポンプ: 一貫したオイルの流れ。
  • ベーンポンプ: 可変オイル流量。
  • 三日月ポンプ: 低速での高いオイル供給。

3. 動作条件を考慮する

車両が極端な温度または条件で動作する場合、 ポンプを選ぶ これらの課題に対処できるのです。

4.予算に関する考慮事項

品質は最も重要ですが、予算を考慮することも重要です。ただし、高品質のポンプを使用すると、潜在的なエンジンの問題を防ぐことができます。 コストを節約する 長い目で見れば。

5. 専門家のアドバイスを求める

疑問がある場合は、整備士またはエンジンの専門家にご相談ください。彼らの洞察は非常に貴重なものとなる可能性があります。

6.先を考える

高品質のポンプはエンジンの将来への投資です。初期費用は高くなる可能性がありますが、パフォーマンスと修理の削減の点で長期的なメリットが大きくなる可能性があります。
このセクションは残りの部分とシームレスに統合されます。 ブログ、適切なオイル ポンプ ソリューションを選択するための明確なガイドを読者に提供します。

新しいオイルポンプの必要性

新しいオイル ポンプは、新しいベアリング、リング、ガスケットと同じくらい重要です。適切なクリアランスを確保し、 最適なパフォーマンス。ただし、ポンプを取り付ける前に必ず分解して内部クリアランスを確認してください。過剰なクリアランスを見つけた場合は、ポンプを交換するか、別のブランドを試してみることを検討してください。

オイルポンプのアップグレード

の中にいる人のために パフォーマンスエンジン ビルドする場合は、パフォーマンス ポンプにアップグレードするのが賢明な選択です。これは、強度を高めるために大容量ポンプまたはビレットポンプを選択することを意味する可能性があります。ボリュームが大きいことは圧力が高いことを意味しないことに注意してください。違いを理解して適切に選択することが重要です。

低油圧に関する課題

油圧低下の問題が発生した場合は、いくつかの要因が考えられます。
  • 使い古したポンプを再利用。
  • 新しいポンプのクリアランスをチェックしていない。
  • 取り付け時の部品欠品。
  • リリーフバルブにゴミが詰まっている。

オイルポンプの交換と呼び水

クランクケースに取り付けられたポンプとフロントに取り付けられたポンプは両方とも、取り付ける前にオイルに浸す必要があります。フロントマウントポンプの場合は、締める前にポンプがクランクシャフトの中心にあることを確認してください。また、多くの専門家は、汚染の可能性があるため、古いピックアップチューブやスクリーンを再利用しないようアドバイスしています。

まとめ

適切なオイル ポンプを選択することは、エンジンの健康にとって非常に重要です。常に優先順位を付ける 最適なパフォーマンスを保証するための品質と適切な設置 そして長寿。 参考文献: オイルポンプの隠された寿命
Cookie の設定を更新する
上へスクロール