fbpx

圧力ホース

高圧ホース

圧力ホースの種類

1. ゴムホース

  • Structure: 通常はニトリルゴム製で、低圧用には繊維編組、高圧用には高強度鋼線が使用されています。
  • Advantages: 柔軟性に富み、各種油圧油との適合性、低温時における優れた性能を備えています。
  • デメリット: 紫外線や摩耗により劣化しやすくなります。

2. 熱可塑性プラスチックホース

  • Structure: ナイロンチューブ、合成繊維補強材、ポリウレタン外層で作られています。
  • Advantages: 高い安全係数 (4:1)、優れた耐摩耗性、高圧スパイクや高サイクル用途に適しています。
  • デメリット: 寒冷環境では弾力性が乏しく、形状記憶効果があり、巻き取った後に平らに伸ばすことが困難です。

3. スチール編組ホース

  • Structure: 極度の圧力と温度に耐えられるよう設​​計された、シングルまたはダブルのワイヤー編組。
  • アプリケーション: 油田、鉱業、重工業の用途に使用されます。

安全とメンテナンス

高圧ホースの使用には、ホースの揺れ、漏れ、破裂による怪我の可能性など、重大なリスクが伴います。事故を防ぐには、適切な安全対策と定期的なメンテナンスが不可欠です。

安全性のヒント

  • 個人用保護具(PPE): 必ず、ヘルメット、安全メガネ、手袋などの適切な個人用保護具を着用してください。
  • ホース安全装置: 故障時にホースが鞭打たれるのを防ぐために、ホイップチェック、ホイップストップ、ホースチョークなどのホース安全装置を使用してください。
  • 定期点検: ホースに摩耗、損傷、漏れの兆候がないか定期的に点検してください。損傷したホースがあればすぐに交換してください。
  • 適切な取り扱い: コイル状のホースに圧力をかけないようにし、使用していないときはホースが適切にコイル状に巻かれて保管されていることを確認してください。

圧力ホースは、さまざまな用途で効率的かつ安全な操作を実現するために不可欠です。適切なタイプを選択し、適切な安全プロトコルを維持することで、リスクを最小限に抑えながら、パフォーマンスと寿命を大幅に向上させることができます。

すべての7結果を表示

Cookie の設定を更新する
上へスクロール